自然な歯の色を演出する|進化した入れ歯で快適な食生活を送れるようになる

進化した入れ歯で快適な食生活を送れるようになる

歯科

自然な歯の色を演出する

インプラント

セラミックによる補綴物

オールセラミックは全てがセラミックの成分でできた素材で、特に審美歯科で行われている治療法です。これは、虫歯などの歯の欠損でその補綴物を埋め合わせていく場合に使われるセラミックです。一般の歯科でも最近はよく使われるようになり、歯に合わせた色となるので目立たない効果があります。オールセラミックが普及する前までは、金属を使った補綴物が一般的でした。しかし、歯の色が目立ったり歯茎の黒ずみの原因にもなっていました。また、金属アレルギーの場合はさまざまな体調不良の原因にもなってしまうため、問題視されてくるようになりました。しかし、オールセラミックの登場で補綴物をしても目立たない効果が実感できます。金属アレルギーの場合でも問題なく治療が受けられるので、体に優しい治療となっています。歯を削ったり見た目を整えるためにその埋め合わせをする必要がある場合は、オールセラミックが見た目や健康を優先させてくれます。

おすすめの治療法

過去に補綴物で金属を使用した場合、見た目や健康が気になる場合はそれを取り除いてオールセラミックにしていくことができます。歯を見せたときに見える金属を気にする人は意外にも多く、オールセラミックであればその問題が解決できます。そして、前歯の形を整えたり歯と歯の隙間を埋めていく場合にもオールセラミックが使われます。オールセラミックを歯に少し埋めていくだけでも、その見た目は大きく変わります。オールセラミックは透明感のある白さとなっているので、きれいな色が出せます。変色や劣化にも強く、虫歯になりにくいところも大きな魅力です。金属の使用で歯茎が変色するデメリットも、オールセラミックであれば健康的な歯茎のままでいられるのです。今後もこうした治療法が普及すると見られ、見た目や健康意識への向上がさらに反映されると予想できます。